睡眠のリズムをしっかりすることで健康にいられることでしょう。

仕事毎日きついけど、ちゃんと夜は寝るようにしているのに、なぜか身体がだるいと思われた方も多いことでしょう。身体の疲れが取れていない、脳の疲れが取れていない、そんな症状を持っている方、体験されたことがある方は多いんです。3時間しか寝ていない、10時間も寝た、と言った人でもなぜか疲れが取れていないときがあるんです。最悪の場合毎日疲れが取れていないという状態が続く人も少なくありません。それは一体なんでしょうか?睡眠というのは深い眠りと浅い眠りという二つの種類があることをご存知でしょう。深い眠りのことを「ノンレム睡眠」。そして浅い眠りのことを「レム睡眠」と言います。聞いたことがありますよね?ですが「そんなことを知ったってなんの得があるんよ!」と考えられる方も少なくありません。しかしこの二つを知ることでしっかりとした睡眠を取ることができるのです。皆さんは夢を見られたことがあるでしょう。楽しい夢や苦しい夢、不思議な夢など見たことがあるでしょう。すごい場合はもうその夢でさえ覚えているという方も少なくありません。その「夢」というのはノンレム睡眠とレム睡眠のどちらに入るのでしょうか?そうです。レム睡眠(浅い眠り)に入ります。そのためよく夢を見る、もう何時間も夢を見ているという方はレム睡眠ばかりなのでなかなか脳や身体を癒すことができないのです。さて、ちゃんとそれはいっぱい寝たのに昼結構つらいんです、という方も多いでしょう。それは一体なぜなのでしょうか?ノンレム睡眠とレム睡眠の周期がありましてそれは約1時間半と言われております。そういった睡眠リズムが存在するわけです。そのため1時間半刻みに目覚まし時計をセットすることで「パチッ!」と目を覚ますことができるのです。こういった眠りの周期を知ることで自分の睡眠リズムがどのようなものかを知ることができます。ぜひ自分が一番良い睡眠リズムかを知っていきましょう。

役立つ情報を記載しています。

着物買取福ちゃん

歯科の開業を検討されている方は是非セミナーへ